読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目を見ればわかるなんて

27歳社会人のブログ。

サンシャイン感想③(8話まで・三年生編)

まだ書きたい事があるので第9話見てないんですけど、第8話まででこんだけ色々思うことがあるのに、恐ろしいのがまだ三年生回があるだろうということ。

 

サンシャインは何がいいって「地元育ちの幼馴染」っていう設定に無理がないのがいいですよね。もちろん、高校生になってから出会った友人関係が尊くないか、といえばそんなことはないんですが、共同体における少年少女を描くうえで幼少期からの付き合い、という設定は効果的ですよね。

 

もちろん一年生とか二年生とかも幼馴染設定はあるんですけど、三年生だけにある悲愴感っていうか、バラバラになってしまったことが三人の生き方にまで影を落としている感じがもうたまらないっていうか。性別逆転させたら確実に濃厚なシリアス系BLになるだろうなっていう雰囲気です。

 

マリーさんは二年間姿くらましてるし、エリチに憧れたダイヤさんはそれをトレースするように生徒会長になってたり、果南さんに至っては休学までしてるし。共通の体験による喪失感が三人の今に暗い影を落としているわけですね。三人が心から笑っているところをOPとED以外で見たことがないわけですよ。公式絵とのギャップがすごいんですよ。

 

「本当・・ダイヤは好きなのね。果南が。」

「私は果南のストーカーだから」

 

この辺のマリーさんの台詞もさることながら、三人の間にある「お互いの事は誰よりもわかってますよ」みたいなただならぬ雰囲気が明らかに一年・二年と異質ですよね。時折回想で出てくる、あどけない少女たちが何があったらこんなことになるのか。

 

他の六人がスクールアイドルの物語でアマチュアな百合っぽさというかソフトにイチャイチャしてるのにあそこだけ本気なんですよ。他の子が別冊マーガレットで連載されてんのに、あそこだけスピンオフをCookieCocohanaで連載してるかのような重さがあるわけですよ。

 

見ていて感じるのはあの三人だけなんかFree!の世界観に生きてるわけですよ。

Free!にしても過去の共通の経験を経て留学行ってたりして戻ってきましたもんね。で、OPの出だしが「見たことない夢の軌道」ですよ。あの三人だけ岩美町時空なんですよ。海辺の高校生にはなんかトラウマを背負う宿命でもあるんでしょうかね。

 

で、あれだけ飄々としているマリーさんが、実は三人の関係に一番執着しているっていうのがいいですよね。

果南を取り合うダイヤさんとマリーさんとかいう対立構造が露見されて以降、薄高本業界に激震が走ったのは周知の事実ですが、黙して語らない果南さんの本音があふれた瞬間には私はどうなってしまうのか、今から怖い。

果南さんは「あきらめた」人間として、マリーさんからの誘いを断ったり、手を広げて抱きしめようとするマリーの横を素通りしたりしているのですが、たぶん千歌ちゃんに「君のこころは輝いてるかい?」をモチーフにした話で勧誘されるものと思います。果南さんが陥落すればほかの二人は断る理由ないでしょうし。

 

で、一方のダイヤさんもなぜか幼馴染のはずの二人をさん付けで呼んでたり、別の方法で廃校を救う、と言いつつ特に何かしてる描写はなかったり色々と掘れば面白いエピソードが出てくるんだろうな、という感じですね。

 

しかしここで唐突な過去回とかあったらやられちゃうなー。

まぁ要するに、あの三年生組は生徒会長と理事長が休学の生徒を奪い合ってキャットファイトを繰り広げる、とかいうズッブズブの百合の迷路なんですよ。ほんとラブライブ時空の学校運営はどうなってるんですか!

 

競技人口が増加して飛躍的にレベルが上がっているそうですが、果南さんが毎日ランニングしてたのもこれに備えてたんでしょうかね。三人がどんな曲をやってたのかわかりませんが、後半5話くらいですか。何をやってくるのか楽しみですね。こんだけ展開が遅いとなるともしかして変則でなく普通に2クールなのかな。

 

9話見てから今後の生死が決まってきます。怖いなぁ・・。